工業会について

沿革

 精密測定機器は、あらゆる産業界で必要欠くことのできない品質保証の源となる検査機器です。昭和26年に新しい計量法が施行され、行政との関係を密にする必要上、全国組織である日本精密測定機器工業会が設立されたのが昭和29年4月でした。次いで昭和31年10月には在阪ゲージメーカー14社により大阪精密測定機器協同組合が誕生しました。

 協同組合は、その発足当初は材料の協同購入、政府管掌の金融機関による融資、手形割引などの事業も行っていましたが、次第に国内鋼材の品質安定化や民間金融機関の中小企業に対するサービスの円滑化により、それらの組合事業も必要ではなくなりました。その一方で、法人である協同組合を運営していくには納税や監督官庁への届出等のコストがかかっていました。

 そこで協同組合を発展的に解消し、新たに情報交換や従業員の福利厚生事業等を主たる目的とした新しい団体「大阪精密測定機器工業会」を発足いたしました。今後は柔軟な組織のもと従来より幅広い活動を行い、業界の発展を期して参ります。

ページトップ